ソナーレ祖師ヶ谷大蔵 ホームブログ

認知症とリハビリその1(作業療法士・小堀の「明日につながるリハビリ講座」(2018年4月))

2018年04月19日

NEW

こんにちは。ホームのリハビリを担当する作業療法士小堀です。

kobori-mini.png認知症の基礎知識については前回までのお話でお伝えできたかと思います。

今回は認知症に対するリハビリについてお話しします!

認知症になると、脳の神経細胞が壊れ、その部分が担っていた機能を失ってしまいます。そして一度失った神経細胞は元に戻りません。言い換えれば、悲しいことですが、リハビリをしても、壊れた神経細胞が生まれ変わったり、失った記憶力がよみがえったり、または新たに覚えられることが増えるようにはなりません。その為、認知症のリハビリの目的としては、現在残されている機能を維持しながら病気の進行を遅らせること、日常生活で支障になっている症状や問題行動を軽減させることが重要なのです。

認知症のリハビリに挙げられるものとして、

  • 作業療法(手工芸や家事動作など)
  • 回想法
  • 音楽療法
  • アニマルセラピー
  • 園芸療法など

様々なものがあります。皆さんTVや雑誌などで聞いたことあるのではないでしょうか?

どれも共通点がなく、別々なものに見受けられますが実はそうではありません。どれも「五感」を使い脳の神経細胞を刺激しているのです。残存部分に刺激を与える、また失ってしまった部分を他の神経細胞で補えるように脳を再構築しているのです。人間の脳の力恐るべしです!

次回は、「認知症のリハビリ」の続きをお伝えします。

(以上は、「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵便り 2017年8月号」(2017年8月発行)から転載しました。「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵便り」はご入居者のご家族や入居を検討されているかたにお送りしている送付物です。)

関連情報:ソナーレ祖師ヶ谷大蔵のスタッフ

電話でのお問い合わせ

フリーダイアル0120-71-5070

受付時間毎日9:00~18:00(12/31~1/3を除く)

フリーダイアル0120-71-5070 受付時間毎日9時から18時まで。12月30日から1月3日を除く

インターネットからのお問い合わせ

インターネットからの資料請求 お問い合わせ インターネットからの資料請求 お問い合わせ